人気ブログランキング

美容・健康

季節ごとにベースメイクも衣替え!質にこだわる理由と方法はこれ!

更新日:

季節が変わるごとに、お肌の質も変わりますよね。

一年中ほとんど肌質が変わらない方もいらっしゃるかと思いますが、夏はオイリー肌になってしまったり、冬は乾燥肌になってしまったり、春や秋は混合肌になってしまったりする方も多いことでしょう。

季節が変わるとともに、コスメも衣替えをしたほうが良いことをご存知でしょうか?

「お肌の衣替え」を忘れずに、一年を通して美しいピカピカのお肌を保ちたいですよね。

そこで今回は、ベースメイクの衣替えの「ファンデーション」と「化粧下地」のポイントをご紹介いたします。

 

こちらもどうぞ:「秋のスキンケア」に心がけたいポイント

 

スポンサーリンク

ファンデーションを変える

夏がおわっても、同じベースメイクで秋や冬を過ごしていることはありませんか?

春夏、秋冬では気候とお肌のバランスが変わってきます。

たとえば、夏に同じファンデーションを使うということは、秋冬に麻のシャツをきているようなものです。

ファンデーションは、気候に合わせてお肌が過ごしやすくなるように作られているので、きちんと衣替えをしましょう。

 

スポンサーリンク

春夏用ファンデーション

春や夏は気温や湿度が高いので、皮脂や汗が出やすくなっておりますので、皮脂や化粧崩れを重視したさらっとしたファンデーションが好ましいですね。

一年中必要になってきますが、春夏は陽射しが強くなっていますので、紫外線ケアも重要なポイントです。

ファンデーションに日焼け止め成分が入っているものを選ぶであれば、比較的SPFが高いものを選びましょう。

 

秋冬用ファンデーション

秋や冬になると、気温と湿度が下がるので、お肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

乾燥が気になる秋冬の気候にあわせて、保湿重視のしっとりしたファンデーションを選ぶようにしましょう。

保湿成分を多く配合され、また美容液効果も兼ね備えているファンデーションを選ぶと、乾燥の季節でもしっとりお肌を保ってくれますよ。

 

オールシーズン用ファンデーション

オールシーズン用のファンデーションは、その名の通り年間を通して使用することが出来るファンデーションです。

変える心配がなく、そのまま使い続けることができるので、非常に便利なものです。

より綺麗にお肌の仕上がりにするには、もちろんファンデーションを切り替えることが大切ですが、いちいち変えていられないという方や、季節ごとでファンデーションが無くならずに次のファンデーションを使うことがもったいないという方は、春夏用のファンデーションを秋冬に使うのではなく、初めからオールシーズン用のファンデーションを使うことが良いでしょう。

 

 

化粧下地を変える

気候が変わるとともに、ファンデーションを帰ることはお分かりいただけたかと思いますが、その時期のお肌の状態にあわせて化粧下地を変えることも、お肌の衣替えには必要です。

化粧下地とは、朝のスキンケアの後、メイクの前に使用し、お肌とファンデーションをしっかりと密着させる働きをしてくれます。

化粧下地をつかうことで、化粧ノリや化粧持ちをよくしますし、日中のお肌を保護してくれるので、とても大切な役割を担っています。

最近では化粧下地にも、クリームタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプといった種類もさまざまにありますので、肌質や気候にあわせて選んでみましょう。

実際のところ、化粧下地はべたべたするから下地は塗らない、という方や、色々重ねたくないから下地は塗らない、という方、リキッドファンデーションを使っているから大丈夫、という方も意外に多くいらっしゃいますが、化粧下地には、お肌とファンデーションのフィット力を高めたり、紫外線や乾燥からお肌を守ったり、化粧崩れを防いだり、お肌に透明感を出したりと、重要な役割を果たす、優れものです。

ぜひご自身の肌トラブルや、肌質にあわせて、気候に合わせた化粧下地を選んでみましょう。

 

 

まとめ

日本には式があるので、それぞれに季節になるとお肌の悩みも変わってきますよね。

化粧下地とファンデーションは適切なものを選ぶことで、年間を通して肌トラブルなく綺麗なお肌を保ち続けることができますよ。

お肌が快適に過ごすためにも、ファンデーションや化粧下地の衣替えをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

ケイトジェニックダイエット ダイエットに興味があるみなさま、「ケイトジェニックダイエット」というダイエット方法を聞いたことがありますでしょうか? ケイトジェニックダイエットとは、あまり聞きなれないダイ ...

2

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

3

あなたの恋愛傾向、知りたくありませんか? ネットの海をあさって、「自分の恋愛スタイル」を把握していますか? 裏付けのされた統計学を使ってセルフチェックしてみましょう。   こちらもどうぞ:恋 ...

4

*高校生で母親になった私* -何も考えていなかった学生時代- 高校生になるまで特に何も考えずのらりくらりと生きてきた学生時代…笑 テキトーに学校に行ってバイトして友達や彼氏と遊んでそれなりに毎日充実し ...

5

正寿院 (しょうじゅいん) 女性のお参りが多いと云われる宇治にある正寿院というお寺に行ってきました。 猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、ハート型の窓から見える外の景色は紅葉など季節によって様変わりします ...

-美容・健康
-

Copyright© そんな時代 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。