人気ブログランキング

子育て・家事

高校生で母親になった私の実体験

投稿日:

スポンサーリンク

*高校生で母親になった私*

スポンサーリンク

-何も考えていなかった学生時代-

高校生になるまで特に何も考えずのらりくらりと生きてきた学生時代…笑

テキトーに学校に行ってバイトして友達や彼氏と遊んでそれなりに毎日充実していました╰(*´︶`*)╯♡

 

こちらもどうぞ貧乏で子育てをするときの理解すべきポイント

-予想外の妊娠発覚-

将来は美容部員になりたいなぁ〜なんてふわふわした夢を持っていたけど、そんな事を考えていた高校3年生の春に

まさかの妊娠発覚(°_°)

陽性反応が出ている検査薬と検査薬の箱の見本を何十回も見比べてもやっぱり陽性……_(┐「ε:)_

もうね、頭が真っ白になりました。

 

『親に怒られる』

『学校はどうしよう』

『そもそも子育てなんか出来ない』

 

そればっかり頭の中でぐるぐる。

兄弟もいないし赤ちゃんなんて抱いた事すらない自分が子育てなんて出来ないとその時は思っていました(_ _).。o○

実感もないままその日は就寝。

 

次の日たまたま休みだったので親に嘘を付いて病院へ。

もちろんその時の彼氏も一緒に行ったんだけどお互い顔が青ざめていた笑

 

[嘘であってほしい]

そう願いながら問診票を記入し尿検査をして、、って冷静に感じると思うけど緊張しすぎてあんまり記憶がないこの辺!笑

全部終わって呼ばれて診察室へ。

 

『妊娠していますね。5週目です。』

 

先生がサラッと言った言葉が嘘であってほしいという私の気持ちをズタズタに切り裂いた( ;∀;)笑

初めての内診もすごい緊張してガタガタ震えながら診察してもらったけどエコーに映る黒い影を見て何故か覚悟が決まった。

『あぁ、生きてるんだなぁ〜』

って実感させられた(>_<)

 

そのまま別室に連れて行かれて

『まだ高校生よね。どうする?』

っていう看護師さんの問いに対してすぐに産む!と答えた(*^ω^*)

画面越しに一生懸命に生きている子どもを見てとてもじゃないけど堕ろすという決断は出来なかった。。

その日は中絶の用紙を渡されてそのまま帰されました_(┐「ε:)_

 

親に言いたくない。悲しむから。

でも言わないと何も進まない。

でも…でも…って考えながらトボトボ家まで帰った(´-`).。oO

彼氏は親に伝える予行練習を頭の中でずーっとしてたみたい笑

 

-心の葛藤-

ふと携帯を見たら母親からのメール

『命は無駄にしたらあかんで』

この一言だけ。

何も言ってないのに何を思ったのか急に送られてきたメール!!!

えぇえぇえぇえ?!?!(´⊙ω⊙`)

怖い怖い怖い怖い! 

親を舐めたらあかんなぁと思わされた瞬間でした。

怖すぎる。笑

後々聞いて見たら、何となく嫌な予感がしたから。

とのこと_(┐「ε:)_

親は本当に良く見ていますね。

家に着いて話し合い。

普段は、穏やかな父が動揺を隠せてなかった。

母はやっぱりと号泣。

そこから1週間地獄やったね(u_u)

『堕した方がいい』って何回も言われて・・・

(親からしたら当然だけど)

『堕ろすくらいなら死んでやる』

ってひたすら返事してた。笑

今思ったらメンヘラかよ!って爆笑

でも本当に無理矢理堕胎させられるなら1人で勝手に逃げてやる!

って本気で考えてた。

〜若かったなぁ〜(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

1週間地獄の毎日を送って親もきっと根気負けしたのかな?

『産んでいいよ』の一言。

この1週間どんな思いで過ごしたのかな?

とか色々考えたら申し訳ない気持ちでいっぱいになりました_(┐「ε:)_

彼の両親とも話してトントンと決まっていき、なんとか出産までこぎつく事ができました^ ^

-あれから10年後の今-

学校も辞めて、一番楽しい時期を子育てしかしてないけど…

きっとあのタイミングで娘に会えたのは運命やったんやなぁって思います♡

そんな娘も今年で10歳。

反対していた親も今では孫にメロメロ 笑

 

正直、違う道を選んでいたら今頃

「自分はどんな人生やったんやろ?」

とか考えたりもしました。

あまりにも人として未熟すぎる自分が子どもを育てるのは過酷すぎました。

周りの友達と比較もいっぱいしたしSNSを見るとみんなキラキラしていて

それがすごく辛くて周りとの関わりを遮断した時期もありました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

きっと若くで産んだママはみんな一度は思った事あると思うっ!

 

-最後に-

この10年1人の母親として走ってきていい事も悪い事も経験しました。

子どもに優しく出来なくて悩んだ日もたくさんあったし若いママってだけで悔しい思いをした事も。。

それでもやっぱり子どもの笑顔は宝物。

同じ時を過ごしてお互い成長して私を母親に仕上げてくれた娘^ ^

産んで本当に良かった!!

あの時の判断は間違ってなかったって今でも思っています♪

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

ケイトジェニックダイエット ダイエットに興味があるみなさま、「ケイトジェニックダイエット」というダイエット方法を聞いたことがありますでしょうか? ケイトジェニックダイエットとは、あまり聞きなれないダイ ...

2

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

3

あなたの恋愛傾向、知りたくありませんか? ネットの海をあさって、「自分の恋愛スタイル」を把握していますか? 裏付けのされた統計学を使ってセルフチェックしてみましょう。   こちらもどうぞ:恋 ...

4

*高校生で母親になった私* -何も考えていなかった学生時代- 高校生になるまで特に何も考えずのらりくらりと生きてきた学生時代…笑 テキトーに学校に行ってバイトして友達や彼氏と遊んでそれなりに毎日充実し ...

5

正寿院 (しょうじゅいん) 女性のお参りが多いと云われる宇治にある正寿院というお寺に行ってきました。 猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、ハート型の窓から見える外の景色は紅葉など季節によって様変わりします ...

-子育て・家事
-

Copyright© そんな時代 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。