人気ブログランキング

恋愛・結婚

恋愛に疲れ果て失敗から得るものとは?

更新日:

スポンサーリンク

恋愛に疲れた

恋愛はなんのためにするのでしょうか?

私が街コンに行って30代と告げた途端、20代の子に引かれます。

婚活パーティーに行けば若い子が売れ残り、バツイチさんがもらわれます。

私は家族から、ある日突然告げられました。

「結婚して幸せになってほしい。子供の顔を見たい」

せめて20代のときに言ってくれれば売り手市場です。

しかし私が言われたのは30代。

「おいおい遅いよ!」

とツッコムのは、婚活市場の厳しさを知ったあとでした。

こちらもどうぞ婚活に疲れる原因とは?好い人に巡り合うためにはどうすればいいの⁉

婚活市場は20代に甘い

街コンJAPANというサイトを見ると、20代向けのイベントが豊富にあります。

30代が参加するイベントというと、20代が参戦するものも目立ちます。

20代後半からという年齢条件におまけで30代が入っているのです。

 

はっきり言って20代に勝ち目はありません。

美人の30代よりブスの20代が勝つのが婚活市場です。

30代と告げた途端に、男たちはサーッと引いていくのです。

 

20代というだけで、ちやほやされて30代は置いてきぼり。

私はそんなとてもみじめな気持ちになる街コンを経験したことがあります。

ただ、女性に配慮ができない男性に将来性があるかと言えば疑問が残ります。

 

マッチングアプリの男性たち

マッチングアプリではたくさんの男性方に接する機会をいただきました。

容姿のいい男性もいますし、年収の高い男性もいました。

「それだけ、ハイレベルなマッチングアプリを使うのか?」

 

やりとりをしていた男性たちを観察していると、

「興味本位ではじめてみた」

「女性経験を積むため」

「女性との経験人数を増やすため」

「ホストの営業」

「ただやりたいだけ」

「不倫相手を探していた」

と、こんな感じばかりの人たちが多かった印象です。

 

モデルさんのように美しい女性だけを相手にしている男性もいました。

何十人という女性と性体験を持ったと暴露する男性もいました。

20代の男性で経験人数を積みたいとしつこく言い寄ってくる男性もいました。

 

ただやりたいだけで女性を振り回そうという男性もいます。

会う約束をしていても、いきなり音信不通になった男性もいます。

女性をステータスのように扱い、LINEのアイコンにツーショットを載せる男性もいました。

 

正直、疲れます。恋愛。なにが楽しいのでしょうか。

私が、たまたま男運がなかったのかは定かではありません。

しかし、男性不信に拍車がかかるのは言うまでもないことでした。

 

結婚を目的にした恋愛はことごとく失敗した

しかし、疲れる恋活のなかで学んだこともたくさんあります。

まず、結婚を目的に相手を選ぶと失敗したことです。

とにかく結婚という目的を達成したくて、打算で相手を選びました。

 

けれど、気になるから会うわけではありません。

「そこの容姿があったし、結婚しても苦痛じゃなさそう」

と思ったから会ったのです。

 

私の恋活は打算だったのです。

だから、最後のさいごで大やけどをするような恋をしました。

いえ、恋ではなく、復讐と執着でした。

 

自分の価値を傷つけられたと思った

打算で付き合った最後の男性にこう告げられました。

「ほかに好きな人ができた」

一時間粘ってねばって、別れ話に応じました。

 

でも悔しかったのです。

他の女性に自分の価値が負けたような気がしたのです。

だから、男性をもう一度振り向かせようとして、必死になりました。

 

恋愛は戦争だとも思いました。

とても不安で押しつぶされそうになりました。

一時期は荒れにあれて、まわりにとても迷惑をかけました。

 

やっと別れを決めたとき、私は我に返りました。

とても楽になったのを今でも覚えています。

憑き物でも落ちたみたいにすっきりして、顔つきも変わりました。

 

よくない恋愛をすると女性にとってはほんとうに不幸なことです。

執着すると顔も心もブスになっていくのです。

恋愛なんてやってられません。

 

恋愛に疲れたら、年齢の高い人に話を聞いてみる

恋愛はとっても疲れます。体力も使いますし、精神力も削られます。

現代人はそうでなくてもストレスが多くて毎日必死です。

それなのに、恋愛でストレスをため込むのはとんだ拷問です。

 

恋愛に疲れたときは、人生の信頼がおける先輩に話を聞くといいかもしれません。

あなたの幸せを考えてくれていることを前提にしてください。

かつ、常識があって、経験を積んできた玄人ならではの「恋愛の心構え」を教えてくれることでしょう。

 

私も迷ったときは年齢のいった人々に聞くようにしています。

若い人よりは、年齢がある程度高く、他者を信頼している人柄の方なら役立つアドバイスをくれます。

 

まとめ

ほんとうに疲れたときは、恋愛を放棄してもいいのです。

恋愛は「がんばって」するものじゃないのです。

 

「楽しんで」するものなのです。

満たされない恋じゃ女は幸せになれないのです。

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

ケイトジェニックダイエット ダイエットに興味があるみなさま、「ケイトジェニックダイエット」というダイエット方法を聞いたことがありますでしょうか? ケイトジェニックダイエットとは、あまり聞きなれないダイ ...

2

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

3

あなたの恋愛傾向、知りたくありませんか? ネットの海をあさって、「自分の恋愛スタイル」を把握していますか? 裏付けのされた統計学を使ってセルフチェックしてみましょう。   こちらもどうぞ:恋 ...

4

*高校生で母親になった私* -何も考えていなかった学生時代- 高校生になるまで特に何も考えずのらりくらりと生きてきた学生時代…笑 テキトーに学校に行ってバイトして友達や彼氏と遊んでそれなりに毎日充実し ...

5

正寿院 (しょうじゅいん) 女性のお参りが多いと云われる宇治にある正寿院というお寺に行ってきました。 猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、ハート型の窓から見える外の景色は紅葉など季節によって様変わりします ...

-恋愛・結婚
-,

Copyright© そんな時代 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。