人気ブログランキング

子育て・家事

子供にすぐ怒ってしまうママの改善方法

投稿日:

子育てをしていると、それぞれの家庭に教育方針というものができます。

その教育方針は、家庭によって違い、怒ることなくのびのびと自由に育てたい、という家庭もあれば、それとは逆に怒りながらも厳しく育てたい、という家庭もあるでしょう。

どちらも教育方針としては、決して間違ってはいないのですが、「いつも、ずっとイライラして怒ってしまうママ」って、

どう思いますか?

毎日毎日ママの怒鳴り声が響き、それと同様の子供の泣き声。

そのような家をみると、なんだか子供かわいそうに思えてしまいますよね。

きっとママ自身も、イライラしてすぐ子供に怒ってしまうことを嫌だと思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、子供にすぐ怒ってしまう場合の改善方法をご紹介いたします。

 

こちらもどうぞ男の子の育て方とその悩みの解決策<母親編>

スポンサーリンク

あなたは子供を怒ってばかりではないですか?

子供と日々生活を送っていると、子供の悪いところばかりが目についてしまい、些細なことでイラっとし、子供を怒ってしまうママもいらっしゃるかと思います。

「何回同じことを言わすつもりなの?」

「どうしてこんなことをしたの!」

「前にも言ったでしょう!」

このような言葉にお心当たりはありませんか?

このような言葉で、子供に怒鳴るとき、たいていは怖い顔をしてしまっています。

子供にとってみると、怖い顔をして怒鳴っているママに、間違えた答えをしてはいけないと思い、余計に怯え、怖がってしまうのです。

イライラしてしまうことは誰にだってあることですが、怒鳴ることは、親のストレス発散です。

感情的に怒ってしまったときには、「本当に怒鳴るほど怒らなければならなかったのか」「自分のストレスを子供にぶつけてしまっていないか」を、今一度確認しましょう。

そうさせているのは、忙しいせいであったり、ホルモンバランスの乱れであったり、自分の時間を思うように持つことができず余裕が無くなりイライラしてしまう

そしてその結果きっとママ自身、反省しなければならないことが出てくるはずです。

あなたの苛立ちを、身近な我が子にぶつけてしまっていませんか?

 

子供を理解する

子供に対し、すぐにイライラして怒ってしまう人は、子供がどういうものなのかを理解しなければなりません。

当然のことながら、子供は大人ではなく未熟なものです。

初めから良い子で、手が掛からない子なんていませんよね。

子供は、良いことと悪いことを知り、大人に教育されながら知識を漬け、成長していくのです。

子供は何にでも興味を示し、手を出し自分で実感するものです。

ですがそれを親が怒って、「あれはダメ、これはダメ」と言ってしまうと、子供の興味が妨げられ自主性が無くなってしまうのです。

子供のことを理解することは、あなた自身にも心の余裕ができるということなのです。

 

褒めることを忘れずに

「飴とムチ」という言葉があるように、子供の欠点ばかりを見るのではなく、子供が良いことをしたら、ちゃんと褒めてあげましょう。

褒めることで子供のやる気スイッチを押し、「また頑張ろう」と思ってくれるのです。

褒めることで、子供は良いことをしようという気持ちになりますし、ママも子供の良い部分を見ているわけですからイライラすることは減るでしょう。

ですが、「褒める=甘やかす」のではありませんので、ご注意ください。

 

まとめ

怒ることは、悪いことではありません。

子供に一般常識やマナーについてなど、教育するうえで、怒ることはとても大切なことなのです。

ですが、決して自分の都合だけで怒るのではなく、正しく怒るようにしましょう。

子供を理不尽に怒り続けてしまうと、子供にとってママは怖い存在と認識し、自我を忘れてしまう場合があります。

子供はママの理想通りの行動をするばかりではありません。

子供の自我をつぶすのではなく、子供が大人になるための手助けをするようにしましょう。

ぜひご自身を改めて見つめ直してみて下さいね。

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

ケイトジェニックダイエット ダイエットに興味があるみなさま、「ケイトジェニックダイエット」というダイエット方法を聞いたことがありますでしょうか? ケイトジェニックダイエットとは、あまり聞きなれないダイ ...

2

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

3

あなたの恋愛傾向、知りたくありませんか? ネットの海をあさって、「自分の恋愛スタイル」を把握していますか? 裏付けのされた統計学を使ってセルフチェックしてみましょう。   こちらもどうぞ:恋 ...

4

*高校生で母親になった私* -何も考えていなかった学生時代- 高校生になるまで特に何も考えずのらりくらりと生きてきた学生時代…笑 テキトーに学校に行ってバイトして友達や彼氏と遊んでそれなりに毎日充実し ...

5

正寿院 (しょうじゅいん) 女性のお参りが多いと云われる宇治にある正寿院というお寺に行ってきました。 猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、ハート型の窓から見える外の景色は紅葉など季節によって様変わりします ...

-子育て・家事
-

Copyright© そんな時代 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。