人気ブログランキング

恋愛・結婚

婚活に疲れた女性の場合、どうやって気持ちを切り替える?<体験談>

更新日:

どうして結婚しなくちゃいけないのかなあ。

男の写真ばっかり見るのは、もう飽きた。疲れた。

婚活なんて殴り棄ててやる!

婚活活動にやけくそになった筆者。マッチングアプリのストレスがどれだけ有害か、体験談まじえて書きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

こちらもどうぞ:恋人と別れた時こそ出会いのチャンス 恋愛に終わりはない

 

スポンサーリンク

マッチングアプリじゃなきゃいけないワケ

「出会いがない」

という文句は言い訳くさいので私はキライです。

「そんなわけないだろう」

「また体目当てか」

男性のプロフを見るたびに、そんなつぶやきを吐きました。

引きこもりがちで、外の光も苦手。

街コンも行ったけどぱっとしない。

30歳って言うだけで20歳の子と差別される。

だったら最初から年齢がわかっているアプリのほうがいいじゃん。

年齢という理由もありました。

「出会いがない」と言う人は本気じゃない

出会いの場なんてそこら中にあるじゃないですか。

相席居酒屋、即日デートアプリ。

街コンだって合コンです。

髪を切りにいって、美形の美容師を口説く手段も残されています。

「出会いがない」ですって?チープな言葉は聞き飽きました。

そういう男性は、9割がた、LINEをしてもすぐに音信不通になってしまいます。

 

「本気の出会い」を求めていない男たち

ニートだろうが高年収の経営者だろうが関係ありません。

本気で求めているかどうかです。

「出会いがない」ってプロフで書く。

会った日に「いや~出会いがなくてさ……」と言う。

こう言う人間は、恋人も結婚相手も本気で求めていません。

それは、言う必要のない言葉ですよね!

あなたと出会っているのに余計な一言じゃないですか。

そういう筆者も、恋愛や結婚につながる、一般男性との出会いは強く望んでいませんでした。

 

マッチングアプリで男疲れ

本気じゃない筆者がなぜマッチングアプリを使ったのか。

結婚できそうな手頃な男性を見つけるため。

ただそれだけです。

 

たいして好きでもない男性たちに媚を売るとヘトヘトです。

アプリ上でも、LINEでも音信不通が相次ぎます。

男という生きものに嫌悪感をいだきはじめます。

さらに神経やられます。

 

どれだけ顔が整っていたって、男は男。

あきるもんはあきるんです。

男の写真、男からのメッセージ。

男に疲れます。

 

LINEと離婚したい

コミュニケーションの綱引きに何度か成功しました。

そういう人たちとLINEで相撲をとりはじめました。

しかし、私の「男性不信」オーラが半端なかったようです。

せっかくひっつかまえた男どもが音信不通になっていきます。

 

結婚という目的が果たせないだけといえば、それだけの事なんですが。

筆者は結婚したい!と言うわりに、男が去っていくように仕向けているフシがありました。

だって、LINEってすっごく疲れるんですもの。

アプリ上と変わらない。

いやアプリより厄介で面倒くさい。

返信内容によってはすぐぷっつん。

会ったあとになんの音沙汰もなくです。

なかには「実は好きな人がほかにいて」と暴露しやがる男もいました。

もうくたくたのへとへとです。

切って切って切っていざ退会!のはずが

マッチングした人たちをガンガン非表示していきます。

タップルなら、メッセージがくれば自動的に表示してくれます。

あっちから音信不通。ラッキー!

音信途絶えてよっしゃあ!ってガッツポーズしている時点でやめればいいのに、やめられません。

やりとりしている人たちが画面からいなくなったらやめよう。

そう決めていたからです。

 

決めたことを守ろうと真摯にメッセージに返しました。

自分の求める男性像とかけはなれた方にはごめんなさい。ブロックしました。

 

そうしてとうとうきました!

マッチング画面がまっさらになったぞー!

って喜んでいると足をすくわれました。

以前にいいね!した人から、突然メッセージがきてカエルを、あやまって踏みつぶしたような声が出たことがあります。

 

切っても切っても、また新しいメッセージが送られてくる。

もううんざりです。

なんの陰謀なんでしょうか。

いえ、私がさっさと退会すりゃあいいだけの話なんです。ええ。

でも、やりとりする男性たちに悪いかなあって思って、ふんぎりがつきませんでした。

退会するきっかけは性嗜好

一般的な男性がそんなに好きじゃないなあと気づきました。

うすうすは勘付いていたけれど、結婚しなきゃいけない。

だからふつうの男性をゲットしようと奮闘して、ムリがたたりました。

 

筆者はかわいい男性が好きです。

女装が似合う男性や、女の子以上に可憐な男性にときめきます。

でも女性が恋愛対象として好きとかではないんです。

かっこいい男性やハイスペック男性。

まさに男性ホルモンのかたまり!

っていう外見の人がすっごい苦手です。

でも、ふつうの男性だと、だいたい男性ホルモン臭がします。

だから一般的男性には苦手意識が少なからずあります。

 

筆者の性嗜好の例は一般的じゃないかもしれません。

画面のむこうでこの記事を読んでくれているあなた。

恋愛対象にしたい理想像ってほんとうに正解ですか?

男性も女性も、理想とはちがう人柄の人物を好きになる。

往々にしてあることです。

 

マッチングアプリやめてみたら「あ~すっきりした」

体調がすこぶるよくなりました。

ピリピリして毛を逆立てる猫のように、神経をとがらせていた日々とさようなら。

本気で男性が好きじゃない。

メッセージ交換もたのしくない。

男性とのやりとり全部やめちゃったら、自分が帰ってきました。

やりたくないのにやるなんて、心の消費です。

すぐ音信不通にするような男。

さみしいから異性を求める男。

そんな男たちのたまり場にいるのはもううんざり!

もっと好きなことをしましょう!

一度きりの人生、くだらない恋愛ごっこに付き合っているヒマは一寸だってありはしません。

 

まとめ

なんで男性とちゃんと付き合えないんだろう。

ふつうの男性とやりとりしていると疲れる。

いらいらする。神経摩耗して眠りが浅くなる。

そんな日々が続きました。

毎日に余裕がないなあ。

アプリをやっていてもたのしくない。

私はほんとうに男性が好きなのか?と疑心暗鬼。

結婚願望があるのかした?

迷いがあるならいったん、全部、手放しちゃいませんか?

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

石切参道商店街の主催で毎年開催される「石切さんで手づくり市」は、今年の11月で第13回目をむかえます。 2020年3月の開催日は、3月21日(土)です。 出店希望の方は、2月初旬に募集開始されますので ...

2

Table of Contents 高遠城址公園の紅葉歴史時期料金住所駐車場情報アクセス新そばまつり行ってきた感想周辺観光雨天時の場合トイレお問い合わせまとめ 高遠城址公園の紅葉 桜で有名な公園ですが ...

3

巴川の両岸に立ち並ぶ約4000本のモミジが圧巻です。水面を紅一色に染め上げている景色が最高です! 11種類のカエデやモミジが植えられているので、色んな種類の紅葉が見られます。 巴橋から見られる紅葉が川 ...

4

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

5

保育園で、定額で紙おむつが使い放題になるというニュースが、ありました。 保育園や子供を預けている親達の現場の声を聞くと、このサービスは遅いぐらいでもっと早くに導入されていても良かったサービスだと思いま ...

6

「スマイルシンデレラ」と称される彼女は、その時、会場の雰囲気にすごく溶け込んでいるように見えた。 完全アウェーの全英という大舞台の最終日18番ホールで、わずか20歳の女子が、手に持つパターを高々と上げ ...

7

Table of Contents お金をかけずにダイエットしよう!提案します美容効果ゆっくり走ることどれくらい走ればいいの?まとめ お金をかけずにダイエットしよう! 「もう少しスマートになれたらいい ...

8

女性のみなさま。 「私は年中ダイエッター!」という方も多いのではないでしょうか。 いつになってもどの時期でも、女性の頭の片隅には「ダイエット」という言葉が浮かんでいますよね。 「次の夏までには・・」「 ...

9

Table of Contents 楽しみながらダイエット出来る事が嬉しい!きっかけ健康であることが先決お腹の出っ張りがなくなっていく走り方の基本中の基本まとめ 楽しみながらダイエット出来る事が嬉しい ...

10

Table of Contents 予想外の展開へジョギング運動で効果発揮まとめ 予想外の展開へ 私が何も興味がなかったジョギングを始めるようになったきっかけは、近くの病院での健診でした。 人間は、必 ...

-恋愛・結婚
-

Copyright© そんな時代 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。