人気ブログランキング

春夏秋冬

お盆と言えば墓参り!ご先祖様へのお供え物はどんなものがいい? 

更新日:

夏休みに入ると、一人暮らしや離れた家で暮らしている方は、実家に帰ってお墓参りをする機会があるかと思います。

毎日忙しい会社も、休みになり、帰省するタイミングに合わせてお墓参りも予定に入れておきましょう。

 

ずっと実家に帰っていなくて、家族や親戚の方と顔を合わせることも、

すっかり無くなってしまったという方もおられるのではないでしょうか。

 

真夏、うだるような暑さ、蝉の鳴き声を聴きながら、

お墓参りによく行ったという昔の記憶が蘇ることと思います。

 

久しぶりに実家に顔を出しに行くのも大事なことですよね。

せっかくの休みですし、たまには家族揃って時間を過ごすのも、良いですね♪

 

そんな時期ですが、お盆と言えば、

お墓参りをするのが昔からの決まりごとです。

 

お墓参りはご先祖を供養するために、墓周りを掃除したり、水やりをしたり、線香を焚きます。

そしてお墓参りでは、ご先祖にお供え物をする際に何を供えますか?

 

何より、お盆のお供え物は亡くなった御先祖様に感謝の気持ちを込めて贈るもの。

 

ですからどんなものをお供えするべきか、じっくり考えたことありますか?

 

今回は、そんなお盆におけるお供え物について、

どんなものを供えたらいいのか?

スポンサーリンク

花をお供えする

宗教的にいうと花植物は非常に縁が深く切り離せないものです。

お盆のお供え物として花は必要不可欠なものです。

 

最近では、お供えの花を選ぶ際、造花が良いという考え方があります。

生花は、時間が経つと散ってしまうということもあり、

形の崩れない長持ちする造花が多くみられる傾向にあります。

 

造花の場合は、地域によって違いがあり、風土や気候によって

風習、習慣に大きく左右されるものです。

 

造花の良い所は、ずっと飾っていられますし、見た目も綺麗です。

それに寺院さんの手間も省かれるメリットもありますね!

 

供えられる代表的な花の種類には、ユリや菊などがあります。

バラなどは、その場の雰囲気で望ましくありませんが、

生前その人が好きだったのならば、お供えしてもいいでしょう。

 

ご先祖が好きだった花を供えてあげるのは、気持ちがこもっていていいでしょう。

そこは、あまり厳しいルールなどは無いため、特に気にすることは、ありません。

 

生前好きだったものをお供えする。

 

あとはご先祖様が、生前好きだったものをお供えすると良いでしょう。

まんじゅうやお団子などが備えられているのをよく見かけます。

 

お供え物は食べ物とは限らず

生前ご先祖の好きだったタバコもありです。

 

缶ジュースやペットボトルの飲料も多いみたいですが、

墓石を痛めないためにも、お供えする時は、半紙を敷くようにしましょう。

 

一説によれば

お寺やお墓の管理者の方達のお仕事を軽減するために

飲食物を供えた場合、

動物に荒らされることを避けるために持ち帰る方が良いという考え方や

その場で食べて帰るのも良いとされる考え方もあります。

 

このようなことは宗派によって様々ですが、

飲み物の蓋は開けた状態でお供えする方が良いという意見に対して

中身がこぼれると墓石がべたべたするので開封せずにお供えするべきだと

いう意見もあります。

 

特に決まりなどは無いため、

ご先祖や亡くなった方が生前好きだった物が一番良いでしょう。 

持ち帰りやその場で食べないのなら加工食品やお菓子などの

腐らないものを選択してお供えするようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

ご先祖にお供えするものですから、

やはり気持ちのこもったものをお供えするべきですよね。

 

その際、絶対供えなければいけない物など特に無いため、

ご先祖が生前好きだったものをお供えするのがベストでしょう。

 

例えば、お米が好きだったならば、今では米粉を使ったパンもあるので、

 

「今ではお米はこうした使われ方もしてるんだよー」

って勝手にご先祖とやりとりしてみるのもいいかもしれません。

 

夏休みは遊んで楽しく過ごすのも大事ですが、

ご先祖に会いにお墓参りも忘れず行きたいものですよね。

 

以上、お盆におけるお供え物について、

どんなものを供えたらいいのかについてのご紹介でした。

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

ケイトジェニックダイエット ダイエットに興味があるみなさま、「ケイトジェニックダイエット」というダイエット方法を聞いたことがありますでしょうか? ケイトジェニックダイエットとは、あまり聞きなれないダイ ...

2

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

3

あなたの恋愛傾向、知りたくありませんか? ネットの海をあさって、「自分の恋愛スタイル」を把握していますか? 裏付けのされた統計学を使ってセルフチェックしてみましょう。   こちらもどうぞ:恋 ...

4

*高校生で母親になった私* -何も考えていなかった学生時代- 高校生になるまで特に何も考えずのらりくらりと生きてきた学生時代…笑 テキトーに学校に行ってバイトして友達や彼氏と遊んでそれなりに毎日充実し ...

5

正寿院 (しょうじゅいん) 女性のお参りが多いと云われる宇治にある正寿院というお寺に行ってきました。 猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、ハート型の窓から見える外の景色は紅葉など季節によって様変わりします ...

-春夏秋冬

Copyright© そんな時代 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。