人気ブログランキング

ネットビジネス

データベースを削除したために徹夜が3日に及んだ話<備忘録>

更新日:

スポンサーリンク

安易にデータベースを削除してしまうと大変なことになる

私のグーグルアドセンスの広告が貼られているブログサイトのURLは、表向きはすっきりしたホームディレクトリに見えるのですが、実は複雑な生い立ちがあります。

この記事は、私の備忘録として書き留めておきたかったのと同時に、同じような失敗をされて困っている方に向けて記事を公開させていただきます。

関連記事ネットビジネスで稼ぐためにグーグルアドセンスの審査に向けてやるべき事と失敗した事の実録記

スポンサーリンク

一番最初の判断

結論から言うと、ブログを立ち上げて少なからずビジネスをしようと思っている方は、有料の独自ドメインを取得してサーバー契約を済ませたらブログのサイトURLは、ルートディレクトリで運営するということが、重要なポイントとなります。

ルートディレクトリとは、例えば「●●●.com」のようなURLの事で階層でいうと一番上であり、それが主となり枝葉に分かれてサブディレクトリ「●●●.com/△△△」やサブドメイン「〇〇〇/●●●.com」でいくつものサイトを構築していけるわけですが、そもそも個人がブログを始めて立ち上げる場合などは、最初から変な小細工は不要で、すっきりした文字列の短いルートディレクトリにした方が良いです。

今回、私の不注意でそのサイトのデータベースを削除してしまい、予想もしなかった結果が待ち受けていたのです。

私のブログサイトは、エックスサーバーの契約当初に貰える「○○○xsarv.jp」のドメインで、作成したことが、いまだに引きずっています。

最初が、肝心だというのは、まさにこの事だとつくづく思います。

このドメインは、極端に分かりやすく言うとエックスサーバーの所有で、契約者にどうぞ無料で使っていいですよと配付されるサブドメインなのです。

私は、知識のないまま、このドメインにさらに「○○○xsarv.jp/○○○.○○」のようにサブディレクトリサイトにして、ブログの記事の量産体制へと進んでいきました。

しかし、このURLでは、グーグルアドセンスの審査には、そもそも通せないのです。

アドセンス審査は、ドメインが、独自ドメインでないといけなくて、サブドメインもサブディレクトリも受け付けてもらえませんでした。

この後の、判断が間違っていました。

一から独自ドメインでワードプレスを立ち上げて、記事をコピーペーストすれば良かったのですが、記事数が多いのと原始的なやり方はしたくないという思いがあって、また失敗を繰り返すことになります。

私がやったこと

「○○○xsarv.jp/○○○.○○」から独自ドメイン「○○○.org/○○○.○○」にドメインの移行しました。

ただ、これだけでは、サーバー上に二つの同じブログ記事が存在します。

まさにコピーサイトです。

これは、グーグルさんにダメのレッテルを貼られてしまいます。

色々、策はありますが、私はリダイレクトを選択しました。

301リダイレクトの設定をすることにより以前のURLで検索をかけると新しいURLに一瞬に画面が切り替わります。

参考サイト:http://rensabanet.com/gloss/4178/

見た目は、独自ドメインです。

これにより、一つ一つの記事をコピーして貼り付けていく作業はまぬがれました。

しかし、そもそもこれは失敗でした。

その時は、知識も未熟で、今から思うとなぜワードプレスを新しく独自ドメインで立ち上げるのにわざわざ、「○○○.org/○○○.○○」のようなサブディレクトリにしてしまったのか?という事です。

そこでサイトのホームがルートディレクトリ「○○○.org」で表示されるようにまたもや、リダイレクト設定をしました。

見た目はすっきりしたURLになりましたが、中身はごったがえしています。

だんだんと複雑なデータベースへと仕上がっていったのです。

 

ただ、これでやっとグーグルアドセンスの審査に出すことが出来ることになります。

幸い、記事内容はアドセンスの審査に通りやすいコンテンツになっていますので一発合格です。

それからブログ運営の日々が続くのですが、色々と知識が付いてくると、やらなくても良い事まで、なぜか手を出してしまうものです。

勿論、過去には細かい失敗、やや大きい失敗、ワードプレスの画面が真っ白になったり、試行錯誤の連続でした。

しかし、今回の大失敗は一番、精神的ダメージが大きかったように思います。

何をさまよったのか、

最初のリダイレクト元のエックスサーバーの「○○○xsarv.jp/○○○.○○」のURLのワードプレスは、今現在、サーバー上では表に出ないし、活用もしないので不要だと思ってワードプレスを削除をしました。

これだけで、終わっとけば良いのに、該当するデータベースまで削除してしまったのです。

契約しているエックスサーバーでは複数のデータベースを所有できますし、ワードプレスも、最低でも50個は作れます。

私の知識不足

削除してしまったデータベースは、現在の独自ドメインで運営している先程のルートディレクトリ「○○○.org」表示のワードプレスと同じデータベースを使っていました。

 

な、なんと、すべて失いました!

顔面蒼白です!

 

「あーぁ 終わった やってしまった! もう終わり! がくーぅ」

こんな感じです(笑)

 

そもそも、なぜ同じデータベースだったのか?

浅はかというか、不注意、確認不足、会社ならえらい事ですね!

ところが、エックスサーバーは、バックアップ機能を無料で使えます。

そうか!

この機能で、復活できるのか!

早速、データベースをバックアップで二日前に日付を戻して、復元しました。

しかし、削除したワードプレスは、戻らないし、当然、管理画面もサイトも表示されません。

また、顔面蒼白!

ここから、徹夜の連続です。

サポートとのやり取りが3日続きます。

なぜ、ワードプレスが表示されないのか?

サポート側のアドバイスの案内は、ごくごく一般的な解決方法しか教えてくれません。

何かあったら責任問題になるので、特殊な作業工程は教えてくれません。(想像ですが)

サポートは、解決に向けてヒントになるようなマニュアル通りの回答ですので、冒険的な作業工程は、知ってか知らぬか分かりませんが、こうすれば復旧するかもしれないという曖昧な方法は、推奨もしないし教えてくれません。

そもそも、ワードプレスをインストールした後の、個人的なカスタマイズまでは、サポートしてくれないという事です。

サポート側の案内

FTPソフトを利用して(エックスサーバーの場合は「ファイルマネージャー」を利用できます)ホームディレクトリ「○○○.org」の「wp-config.php」内にある下記3つの情報を書き換えるということでした。

------------------------------------------------------------

/** WordPress のためのデータベース名 */

define('DB_NAME', '●●●');

 

/** MySQL データベースのユーザー名 */> > > > define('DB_USER', '●●●');

 

/** MySQL データベースのパスワード */

define('DB_PASSWORD', '●●●');

------------------------------------------------------------

●●● の部分に情報をあてはめれば、消えてしまったワードプレスは、表示されるということでした。

この方法は、間違ってはいなかったのですが、ここを書き換える前にするべきことがあった事を自力で見つけるのに3日かかりました。

それまで、「私本人しかわからないであろう肝心かなめの糸口が、なかなかつかめない」状態でした。

しまいには、

サポートから、次のようにメールで案内してこられたので自分でやるしかないです。

「少なくとも、データベース側にデータは正常に保存されているようであるため、

何かしらの方法にて、復旧自体は可能であると思われます。

大変恐れ入りますが、復旧方法はご自身でお調べくださいますようお願いいたします。」

 

カスタマイズによって引きおこるトラブルは、自己責任ですので自力で修復するしかありません。

サポートと何度もやり取りする中で、私なりにも調べました。

これはネット上で似たような事を経験された先駆者の記事を読み漁るしかなかったので、夜も寝ずにパソコンに向かって何時間も調べました。

 

一つのヒントを得た

それは、私のブログの表向きのURL「○○○.org」ではなく、元のURL「○○○.org/○○○.○○」のさらに前の「○○○xsarv.jp/○○○.○○」に修復の糸口があることが、なんとなく想像はしていましたが、半信半疑でサポートもその部分は、スルーしていたので後回しになっていました。

しかし、そのドメイン違いのURLに着目することが正解でした。

これは、初心者にとっては非常に難しい糸口だと思います。

そして、一番最初に私がブログを立ち上げた時のURL「○○○xsarv.jp/○○○.○○」でワードプレスをインストールできました。(通常、同一のURLは使えませんが、既に削除していたので大丈夫でした)

ここから一気に修復街道まっしぐらって感じで、明るい日差しが立ち込めてきました。

このインストールしなおした初期のワードプレスURLの「wp-config.php」を編集する方法こそが復元への最大の発見となりました。

あとから思い返すと、単純なことかもしれませんが、データを失った当初は頭が真っ白、焦る気持ちと絶望感で冷静な判断をすることが出来ないものです。

 

インストールしたワードプレスは、そのままだと全く新しい白紙の状態ですが、

「wp-config.php」内のデータベース名・データベースのユーザー名・データベースのパスワードを削除してしまったデータベースのこれらの情報と同じものにそれぞれ変更してやると、復元できました。

 

このやり方は、エックスサーバーのサポートからは、最初に案内されましたが、私のワードプレスは、先述したように複雑な経緯がありますので、なかなか上手くいかずサポート側も困惑したような感じで、すこし見放された感じがありました。

しかし、諦めずに色々試していくうちに解決策は見つかるものだなとあらためて思いました。

完全に復元させるには、画像のリンクや細かい設定のやり直しが、残されましたが何はともあれ、一安心すると同時に大変勉強になりました。

「あー しんどかった」

みなさんも、データベースだけはよっぽどの理由がない限り削除しない方が、身のためですよ!

スポンサーリンク

レクタングル(大)

レクタングル(大)

人気ブログランキング

当ブログサイトおすすめ記事へ

1

石切参道商店街の主催で毎年開催される「石切さんで手づくり市」は、今年の11月で第13回目をむかえます。 2020年3月の開催日は、3月21日(土)です。 出店希望の方は、2月初旬に募集開始されますので ...

2

Table of Contents 高遠城址公園の紅葉歴史時期料金住所駐車場情報アクセス新そばまつり行ってきた感想周辺観光雨天時の場合トイレお問い合わせまとめ 高遠城址公園の紅葉 桜で有名な公園ですが ...

3

巴川の両岸に立ち並ぶ約4000本のモミジが圧巻です。水面を紅一色に染め上げている景色が最高です! 11種類のカエデやモミジが植えられているので、色んな種類の紅葉が見られます。 巴橋から見られる紅葉が川 ...

4

秋の紅葉、高尾山は、東京都とは思えないほど自然が豊かで、標高は599m、都心から約1時間で行ける人気の紅葉スポットです。 紅葉は、イロハカエデ、ブナ、オオモミジなどの木々がすごく綺麗に色づきます。 国 ...

5

保育園で、定額で紙おむつが使い放題になるというニュースが、ありました。 保育園や子供を預けている親達の現場の声を聞くと、このサービスは遅いぐらいでもっと早くに導入されていても良かったサービスだと思いま ...

6

「スマイルシンデレラ」と称される彼女は、その時、会場の雰囲気にすごく溶け込んでいるように見えた。 完全アウェーの全英という大舞台の最終日18番ホールで、わずか20歳の女子が、手に持つパターを高々と上げ ...

7

Table of Contents お金をかけずにダイエットしよう!提案します美容効果ゆっくり走ることどれくらい走ればいいの?まとめ お金をかけずにダイエットしよう! 「もう少しスマートになれたらいい ...

8

女性のみなさま。 「私は年中ダイエッター!」という方も多いのではないでしょうか。 いつになってもどの時期でも、女性の頭の片隅には「ダイエット」という言葉が浮かんでいますよね。 「次の夏までには・・」「 ...

9

Table of Contents 楽しみながらダイエット出来る事が嬉しい!きっかけ健康であることが先決お腹の出っ張りがなくなっていく走り方の基本中の基本まとめ 楽しみながらダイエット出来る事が嬉しい ...

10

Table of Contents 予想外の展開へジョギング運動で効果発揮まとめ 予想外の展開へ 私が何も興味がなかったジョギングを始めるようになったきっかけは、近くの病院での健診でした。 人間は、必 ...

-ネットビジネス
-

Copyright© そんな時代 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。